漢方&薬膳アドバイザー 杏仁美友が発信する、楽しい・美味しい・カラダにいい!ブログです。じんわりと、時には即効的に効果をあらわします♪ 
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
近著の著書案内
おいしいのにやせる!ダイエット薬膳
薬膳ごはん
23時からの「薬膳」遅ごはん
薬膳美人
漢方をはじめよう

食べてきれいになる講演会
薬膳イベント
美食美膳会
薬膳レシピ
Powered by FC2ブログ

杏仁美友の書籍紹介
「美味しくってカラダにいい!」薬膳スイーツのお取り寄せ

2011年 05月 14日 (土) 14:02

小5の娘が個人塾に変えてから3ヶ月がたちます。


前はたしかにベテランの先生たちではありましたが、
集団なので、分からないところがあってもどんどん進むような感じだったし
ともかく第一に遠くて帰るが遅いので変更したのですが、



最近これはいかん!と思うことが。


算数を教えるのがだんだん難しくなってきて(爆)
でもできるだけ連立方程式をつかわないで(←まだ習っていない)ので
教えようと思ってうーんうーんと考えて教えているのに



あっさり先生がxとyを使って教えていいものか!


それも台形や三角形の問題なのに。



連立方程式を覚えると便利だし(わたしも好きだけど)、
それを使うことによって、台形や三角形の面積の出し方や図形のしくみや
おもしろさを忘れてしまう気がするのです。


・・・ということで、ちょっと担当に連絡してみます。



「深く考えていなかった」なんていう答えは望んでないし・・・







2010年 10月 21日 (木) 19:11

ふと考えていたこと。


「文化」って日々進歩して、ニーズや環境などによってどんどん変わる。


一方、「自然」は変わらないでいること、手を加えないでいることが望ましい。



先日、あるニュース番組で、明るく照らされた透明な箱の中で
水耕栽培で育てられている葉っぱをみて、「いつでも供給できる」という企業側の
思惑もわかるけど、「旬がなくなるじゃん!」と危惧したのでした。


12月だけじゃなく、1年中育ついちごとかねー。


うーん、どうなんだろ・・・?ってわたしは思うのです。


画一的・量産的に供給を確保する企業努力は確かにすばらしいけど、
失われる自然の恩恵についてちょっと考えて欲しいなぁ。



地消地産をスローガンにしている企業やレストランも増えている一方、
なんだか寂しい気がするのはわたしだけでしょうか。。。



うちではきゅうりやトマトは夏以外あまり出さないから、
夏が来るのが食材でわかります。



CO2削減とかエコとかいっている企業のみなさま、
今度は旬を守る会はいかがでしょうか。^^


微力ですが、杏仁も力になりますので♪






2010年 09月 10日 (金) 21:08


いつも自分の直感を信じてるし、
それに敏感であり続けていたいと思う。


この夏、いろんなことを体験させてくれた「神様」には
とっても感謝しています。。。



今後自分はどうしたいのか? どう生きたいのか?
そんな問いを導いてくれたんだから。。。



最近自問自答というか、自分と向き合うことが自然と多くなる。



そして、、、答えはいつも自分のそばある、気がする。



少なくとも、わたしはいつも回りのみんなに助けられていることを
忘れてはいけないし、こんな素晴らしい財産はお金に変えられないなーって。


(こういうのって幸せっていうんだね。。。)



前世は熱帯魚なのは譲れないけど(笑)武士だといわれたこともあって、
だから「人の痛みを知ること」がわたしのミッションだったりする。


そして、杏仁美友の天意のように、人を潤して、友にわかちあうこと。



薬膳コンシェルジュを広めて、たっくさん育てて、みんなで



元気でハッピーで美しくなるんだ。








2010年 08月 29日 (日) 14:13

お友達から「これで漢方とかの番組が出来たらね~☆」って
いわれて途中から見始めた「踊るドクター」。


主人がその元となったドクターハウスを撮っていたので
そっちもちょっと観たのだけど、わたし的にはヒガシさまの華麗なるダンス♪と
他の際立つキャラに目が離せないって感じで、こっちの方が実は好きだったりする。


(わたしも歌う薬膳師だしね~♪)



で、総合診療はまさに中医学。


見た目、性別、性格、環境、育った場所、声、脈、舌、触診、主訴、食生活・・・


とさまざまな角度から診断し、最終的に「証」を出す。




中医学でも「証」を決定するのがむずかしいときがあるけど、
西洋医学の場合はここが「病名」となる。



で、そうそう「患者はうそをつく」。


そこに隠れている主訴(一番悩んでいる部分、症状)に偽りがあるときもそうだけど、
食生活をごまかしていたり、ほかの症状を隠していたり。。。



中医学では四診が命なので、患者がうそをついている場合、
「鳴かぬなら鳴かせてみせよう」の秀吉力や
そこから推理して「鳴かぬなら歌ってごらん」。(BY美友)・・・



というか、もともと中医学で診療に当たる場合、知識や経験ももちろん重要だけど
相手の悩みを聞くことができる人、アドバイス能力のある人でないと
むずかしいと思う。




結局は人と人とが関わることだからね。










2010年 08月 23日 (月) 11:51

雑誌エフィルの占いがとても面白かった。


長く生きているとうすうす自分の性格もわかってくるけど、
こんな風に分析されるとほんと小気味いい。



「乙女座はアタマがカラダで、考えることと知覚することが非常に密接」


当たってる!

そうなの、だからさ、


「勝ち負けの小細工の計算ができない」


そうそう、かーなーり納得。



もうちょっとこう。。。緻密にできないかな、って思うんだけどね。



仕方ない、アタマがカラダだから。爆



「頭脳の星座であると同時に、感性の星座」




それ以後、石井ゆかりさんの占い が気になってます。





無防備でかわいいやつなんですよ。乙女座って。。。。





« 前のページ
copyright (c) KYONIN MIYU All Rights Reserved.