漢方&薬膳アドバイザー 杏仁美友が発信する、楽しい・美味しい・カラダにいい!ブログです。じんわりと、時には即効的に効果をあらわします♪ 
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
近著の著書案内
おいしいのにやせる!ダイエット薬膳
薬膳ごはん
23時からの「薬膳」遅ごはん
薬膳美人
漢方をはじめよう

食べてきれいになる講演会
薬膳イベント
美食美膳会
薬膳レシピ
Powered by FC2ブログ

杏仁美友の書籍紹介
「美味しくってカラダにいい!」薬膳スイーツのお取り寄せ

--年 --月 --日 (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年 03月 30日 (日) 22:49

新刊も無事に出て、個人の確定申告も終わり、ちょっとひと段落、、
という感じで、やっと雑誌掲載などのとりまとめができました~


ちょうど今年の1月から止まっていたので、月ごとに紹介しますね☆


まずは1月、『健康』(主婦の友インフォス情報社)のムック本で
『股関節の激痛、しびれを自宅で治す即効本』

股関節ムック本
イメージ


股関節の痛みは年齢を増すと・・・ということではなく、
最近は若い方でもあります。

冷えや水分代謝の悪化、偏った食生活などで体に余計な熱を持ってしまうタイプも。
あとは筋力の低下も。。


なお、今回特化したいというか、こういう見せ方はいいなー
と思ったのが、こういうタイプにはこういう食材はダメ、とか
こういう食材をこれに代用するといいなどの改善方法を紹介している点です。


○○はいいですよー という切り口ではなく、
××はダメです!という切り口ですね☆


次は『週刊女性』(主婦と生活社)の
東洋医学の知恵でおいしい冬ケア 冷え&かさつき防止は「陰陽」がカギ」です。


週刊女性


イメージ


冬は寒くなり、陰がマックスになる季節です。
なので反対の「陽」を補うといいのです。


ただ、冬場の乾燥などは陽の強いものばかり食べていると
ますます助長してしまいます。

なので、陰をおぎなうといいのですが、ここでいう陰の食材とは
カラダを潤す食材です。

そんな「陰陽」のおはなしで♪
こういう切り口もおもしろいです。


1月最後は『女性セブン』(小学館)で「冬うつ」の話です。

女性セブン


通常、うつは春~暖かくなるころに症状が出てくるのですが、
最近多いのがこの「冬うつ」なのです。


冬に多く、そして春になると治まってくるのも特徴で
やはり漢方でも対応が春のそれとは異なります。


なんででしょうね・・・

冷え症がやっぱり多いのかな~


#そういえばシンゴ君の顔出てますね。こういうバージョンもあるのか?


イメージ






スポンサーサイト


2014年 03月 04日 (火) 18:33

春の薬膳


昨日はひな祭りでしたね♪

我が家でもちらし寿司に潮汁に桜餅に・・・と
春を満喫しました。


で、ふとちらし寿司にいれる具材を考えていたとき、
これは春の薬膳になるな~と思ったので、ご紹介しますね。


春の薬膳の定義は・・・

春に起こりやすいトラブルを解消させるということです。


春は五臓でいうと肝の機能が活発になるとされるのですが、
この肝というのは亢進しやすい特徴があります。

しかもここでいう肝とはアルコールの代謝だけでなく、
自律神経の働きも担っている重要な機能があります。

なので、この機能がオーバーヒートすると
イライラしたり、精神も興奮しやすくなったり、高血圧ににた症状がでやすくなるんですね。

なのでまず

★肝の働きを正常にする(平肝)

→食材としてはセロリ、トマト、アワビ、ハマグリ、菊花などがあるんですが、
今日はセロリを千切りにして酢飯にまぜました。


あとは肝の働きが盛んになるので(春は陽気もぐんぐん強くなるので)
必要な水分も失われがちになります。

なので
★カラダに必要な血液や水分を補う(補血・滋陰)


→ここで血を補うマグロイカ、滋陰作用のあるカニ、ハマグリなどが
登場するんですね。


おお。これでひな祭りの食材を使えましたね。^^

そして春の特徴としては、風邪とかいて「ふうじゃ」の影響を受けやすいので、
発汗作用のあるものをプラスします。

★風の邪気を取り除く(解表)

→しそ、しょうが、ねぎ、香菜など。
これらは温める食材でもあるので、三寒四温の寒い時期にはこちらを。
そうでない場合は菊花やミントがいいかな。

どこに使用するかというと、しそしょうがのみじん切りを酢飯に混ぜてます。
ただ、今回はしょうがは甘酢のがりです。しょうがのみじん切りを酢飯のご飯と一緒に炊くと
さらに効果はアップです。


そして最後のポイント


★消化機能の働きを整える(健脾)



これは、春に活発になる脾の働きを高めるためにも、季節の変わり目にも
加えたいものですね。

→今回はここで、そしてインゲン豆を。インゲン豆は塩ゆでしてちらし寿司の具材に。



これで春の薬膳がひな祭りでそろっちゃった!
すごいね、薬膳★



ちなみに・・・
協会の愛好者からたっくさんのみかんをいただいたので、今回はそれを器にしました。

陳皮にもなるしね~

また、錦糸卵ではなく、ウズラの卵にしたのは
「親の愛」でしょうか♪


鶏卵でももちろんいいのですが、ウズラの卵には、五臓の働きを高めたり
筋や骨を強化したり、健脳作用があるのです。


ひな祭りに娘の成長を願う気持ち・・・



薬膳の良さはそこにあるのです。

そう、最後は愛情です。^^


みなさんもがんばって「春の薬膳」仕上げてくださいね!

(4期生の宿題ですね。参考になれば!)







copyright (c) KYONIN MIYU All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。